対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

センチュリー:イースタンワンダーズ

貴重な東洋のスパイスを探し求め、大海原へと冒険の旅に出よう!今度の舞台は東洋の海原。やることはもちろんスパイスの交易ですよ。



---センチュリー:イースタンワンダーズ---

ルールを覚えるのに必要な時間:10分
1ゲームの時間:30-45分
評価:☆☆☆☆☆

あの超優等生ゲーム「センチュリー:スパイスロード」の続編であり、センチュリー3部作の2番目です。

スパイスロードは、宝石の煌めきと並ぶゲーム会の定番ゲーム・・・にイマイチなりきれてないけども白いゲームです。さて第二作は面白いのか!? それとも中だるみ?

結論から言うと、とても面白かったです!



なんというか、ゲームは「スパイスロード」をボードゲームにしました! という感じなのですが、カラフルで美しい見た目、少しだけ複雑になったルール、適度なプレイ時間。

ほぼカードゲームだった「スパイスロード」より、こちらを好む人の方がいるのでは?という出来です。

-------------------------



ざっくりいうと、今まで手札を出して行っていたスパイス変換を、ボード上の島タイルに移動して行う、というゲームに仕上がってます。

島タイルはゲーム開始時からすべて公開情報。移動は1歩だけならノーコストで、多く移動しようとするとコスト高と、かなり運要素が低くなりました。

というか、ランダム要素は目的達成タイルのめくり運だけですね。あとは全て公開情報です。

第二作にして、ゲーマーズゲームに寄せてきた印象があるので、第三作はもっと複雑になるのでは?とも思えます。

--------------------
ところでこのゲーム、第一作のカードを混ぜて、「大航海時代ルール」として遊べます。

ルールを読んだだけなのですが、移動コストとしてカードを使い、かつ手札を消費してスパイスロードのようにカードに書かれている変換ができる、というルールですね。

基本ルールと違って、島タイルに何も書かれていない「海原」が多くなるので、カードの変換効果も積極的に使ってね!というところでしょうか。

あと一回ぐらい基本でプレイしたら、混ぜてみたいと思いますよー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

センチュリー:イースタンワンダーズ 完全日本語版 アークライト
価格:4140円(税込、送料別) (2018/9/27時点)

楽天で購入


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /