対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

カテゴリー「その他」の記事一覧

レイルロードレボリューション 公式ヴァリアント



契約達成の条件に含まれない、というジレンマがありながらも、基本的にはとても強い「レイルロードレボリューション」における「電信敷設プレイ」

これに関して、デザイナーから公式のアナウンスがありました。

・電信の最終ボーナス得点トラックについて、倍率を上げるためのコストを500-500-1,000にする

もとのコストは50-50-100なので、実に10倍(!)です。

このお金はなかなか用意出来ないと思うので、電信が得点に結びつかなくなりそうですね。株券の取得が容易に行えるので、電信アクションを完全に無視するプレイはできないと思いますが・・・



拍手[0回]

カルバ拡張チップセット



これも元々はプロモーションセット何だと思いますが、カルバのタイル番号が入ったチップと、ジョーカー扱いのチップのセット。

要はこのチップを袋か何かに入れて引くことで、タイル番号の宣言役を固定する必要が無いし、ジョーカーがあるからちょっとプレイ感が変わりますよ!というもの。

「?」のチップを引くと、引いた人が好きな番号を宣言できる!

プレイアビリティが上がるので、今すごろくやでカルバを買うともれなくついてくるみたいです。これは持っておくとよさそうですね。

拍手[0回]

ニムト追加カードセット

ニムト追加カードセット



メビウスゲームズが、「ニムト20周年記念版」に追加されていたジョーカーカード(0.1~0.9の10枚のカード)を単体で販売してくれました。ドミニオンのプロモカードみたいなパッケージで300円。まあファンアイテムですが、すごろくやだとメール便で発送してくれるので送料も安く、気軽に買えます。

このカードは最初各プレイヤーに一枚ずつ配り、余ったら山札と一緒に混ぜてしまいます。

あとは通常通りプレイするのですが、数が小さいため必ず処理順が早くなるカードです。(複数枚のジョーカーが出される場合があるので、一番とは限らないのがミソ)

そして小数点以下しか数字が書かれていないので、置く列も選ぶことが出来ます。

----------------
これは結構好みが分かれそうなカードですね。今までは連番を出して置けば絶対助かる!と思っていたところに小数点が入ってきて、6枚目になってしまう、という展開が目に見えます。

やや蛇足な感じもするので、ちょっと普通のニムトも飽きたし追加カード入れてみない?ぐらいの使い方でしょうか。

拍手[0回]

12/31-1/1 年越しボドゲ会

盆と正月に栃木の実家でゲーム会をやり続けること4年。何気にずいぶん続いてます。

今年は12/31開催で、年越しボードゲームとなりました。



ブラッディイン:

たぶん2015年末に遊んで以来一年ぶりのブラッディ・イン。手札を捨ててコストを支払うので、テーマのぶっ飛び加減と裏腹に結構ガチゲー。悪くない。けど発売から一年経って、強いコンボがすでに見つかっていそうな気がする。



バザリ:

ザ・ドイツゲームクラシック。 すごろく風にボードを進んでいくという枯れたシステムながら、バッティングゲームとして最高の出来。ほぼ4人専用なのが残念。




ラー:

クニツィアの競りゲー、2016にプレイしたやつで私的評価は、ラー > タージマハル > モダンアート = メディチ

------------

このブログ、そろそろファイル容量がいっぱいになるので引っ越そうかと。2017年もよろしく!

拍手[0回]

マイス&ミスティクスのコマを塗る②

前回の記事から引き続き、ドブネズミ戦士を塗っていきます。



使う色

・ミスターカラー フィニッシングサーフェイサー 黒1500番

今回は黒サフを吹いておくことが重要になります。ドライブラシが届かない奥のほうを、黒く残して立体感を強調します。

・アーミーぺインター

ピュアレッド
マットブラック
ファーブラウン
アッシュグレイ
シャインシルバー
ソフトトーン



茶色のドブネズミ戦士と、灰色のドブネズミ戦士を作りたかったため、3体をファーブラウン・3体はアッシュグレイでドライブラシします。



塗料を筆にとったら、カサカサになるまで(あまりペーパーに色がつかなくなるまで)キッチンペーパーに擦り付け、その状態でミニチュアに筆を擦り付けるように塗っていきます。すると、筆の届かないくぼみのところは黒く残るので、なんかこう、いい感じの毛並みになります。



ドライブラシは、専用の筆も売っていますが、100円ショップの筆を少し短く切って使っても大丈夫です。少し毛を短くしたほうが、筆に弾力が出るため使いやすくなります。



ドライブラシの後、尻尾や剣、肩当に色をベタ塗りしていきます。

赤い目と牙は、塗ろうかどうか迷いましたが頑張って塗りました。かなり神経を使います。



ベタ塗りの後、ソフトトーンでウォッシングします。ゴキブリの時と違って茶色いウォッシュ塗料なので、やや明るい仕上がりに。特に尻尾の節目が強調されるように塗ります。

剣や赤い目が汚れすぎてしまったら、再度色を載せておきます。また、背骨のラインなどの出っ張っているところは、元の色でドライブラシして明るさを戻しておくと、立体感がより強調されます。

やっぱりテカってしまうので、艶消しのトップコート塗りますかねぇ。これはこれで、嫌いじゃないけど。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

GSIクレオス 水性トップコート つや消し 86ml
価格:423円(税込、送料別) (2016/7/31時点)


拍手[1回]

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /