対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

フッチカート(FUJI FLUSH)

日本語版のタイトルは「フッチカート」なんですが、ここはぜひ、「フジ・フラッシュ」で出していただきたかったところですね。内容はノンテーマのゴーアウト系ですよ



---フッチカート---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:15-20分
評価:☆☆




緑のパッケージからわかるとおり、フリードマン・フリーゼのカードゲーム小品です。他の作品の御多分に漏れず、こいつもさっそく日本語版となって登場しました。ちなみに言語依存はありませんww



内容はちょっと不思議な感覚のゴーアウト系。一枚ずつカードを自分の前に出していくんですが、自分より後に強いカードを出されると出していたカードを捨て札にし、山札から新たなカードを引きます。 つまり、負けていると手札が減りません。

しかし!自分と同じカードを出してもらうと、カードの数字を合計するので負けづらくなっていきます。3が二枚目で6、3枚目で9・・・とどんどん強くなります。



このゲーム、小さい数のカードが大量に入っていて、大きい数字は少ないため、みんなで協力して大きい数字に勝とう!という状況になるんですね。

自分が出した後に誰も大きな数字を出さないまま、また自分の手番が回ってきたら・・・

前に出していたカードを捨てるのは同じなのですが、山札から引かず!手札から新たに一枚出します。これでようやくカードが一枚減るんですね。

なお、誰かがカードを捨てた際に、同じカードを出している人はみんな自分の前のカードを捨て札にしますよ。

これを繰り返して、いち早く自分の手札を無くした人の勝ち! 最初ちょっとルールが分かりづらいかもね。

-------------------------

軽く、大人数でワイワイ遊べるゲームですが(というか、少人数だとゲームバランスに難あり)

展開によってなかなか終わらないことがあり、(誰も上がれない)山札が尽きてしまうこともあります。

そんなときどうするのか?ルールブックに書かれていないんですよ。

また、小さい数字を最後に残してしまうと、ほぼ上がれないので、そこは少し考えてカードを出していく必要がありますね。

小さい数字が重なれば強いといっても、2や3では18,19といった強い数字に勝てるはずもないので・・・



頑張ってみんなで2を重ねていって、自分の手番が回ってくる直前で20のカードに吹っ飛ばされる。そんなブラックな笑いが起こるゲームです。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /