対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

分ければ資源

わぁ!汚い! 街のゴミ捨て場にはいろんなゴミが溢れかえっています。空き缶・牛乳パック・生ごみなど・・・

ゴミ箱の大きさには限りがあるものの、なんとかすべてのゴミを片付けましょう!




---分ければ資源---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:20-30分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



なぜか衝動買いしてしまったバランスゲーム。コンポーネントを見ればルールはすぐに分かるのだが、カードをプレイする手順を踏むことによって、ドイツゲーム的なエッセンスが加わっている。



各プレイヤーは、1-10の数字が書かれたカードセットを持つ。背面が色分けされているので、同じ色のカードをすべて持てば良い。



で、カードセットをよくシャッフルして3枚が手札。



あと、少人数プレイの時は予めゴミ箱にゴミをいくつか入れておく。ゴミは空き缶・牛乳パック・空き瓶・りんごの芯の4種類。



入れるゴミの数は説明書に書いているが、2人プレイはあんまりおすすめしない。盛り上がらないので。

ゲームは全員が一斉にカードを出すことで進行する。(手札は3枚になるように補充する)好きな数字を出していいのだが、数字が小さい人から順にゴミ箱にゴミを投入するのだ。

ちなみに数字が同じ場合は、カードに書いてあるネズミが少ない人からゴミを入れていく。



最初は余裕で入れられるが、だんだん溢れかえってくる。もしゴミを崩してしまったら手番終了で、マイナスタイルを受け取る。



このマイナスタイルは-1から-6まであり、大きい数字(つまり-1)から順番に受け取る。 6回くずしたらゲーム終了だ。

崩れたらゴミをリセットして、次の人の手番になる。



なお、崩れずにすべてのゴミを入れきった場合、タイルを裏返してプラスの面にし、受け取る。これも上から順に受け取るのだが、崩れずに入れきったことが無い・・・。



誰かがカードを使い切るか、得点タイルがなくなったらゲーム終了。一番得点の多い人が勝ち!

----------------------------------------

所謂子供向けゲームなのですが、カードを出すときにちょっとスパイスが効いています。

というのも、ゴミが溢れそうなときに小さい数字を出せば、先にゴミを入れて乗り切れるかもしれないのですが・・・

逆に大きい数字を出しておけば、誰かがゴミを崩したあとに悠々と多量のゴミを入れられるかもしれないのです!

ただいつでもうまく事が運ぶわけじゃない(手札の運だったり、全員大きい数字を出したり・・・)ので、運の要素は大きめです。

真剣にやるようなゲームでは無いですが、軽めのゲームで息抜きしたいときにいいかも?重量級ゲームの合間にどうぞ。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /