対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

トランプ・トリック・ゲーム!

狩りをするためには慌ててはいけません。足あとや糞を頼りにじっくり追い詰め・・・仕留めるときには一気に!このトリックテイキングゲームでも同じことが言えるのです。



---トランプトリックゲーム---

ルールを覚えるのに必要な時間:15分
1ゲームの時間:30-40分
評価:☆☆☆☆ (☆5で満点)



変態トリックテイキングの申し子、ギュンター・ブルクハルトの手によるこねくり回されたトリックテイキング。

必ず4ラウンドを戦い、

最初の3ラウンドはひとり3トリックずつしか取れない。

そして獲得したカードがそのまま次のラウンドの手札!何だそりゃ。

しかし究極のトリテ「バスシュティッヒ」や、取っ付きづらすぎる3人戦用トリテ「スカート」を覚えた今となっては俺に怖いものは無い。むしろ意外と素直なルールだなと思えるぐらいである。



まずは4枚の切り札表示カードをシャッフルし、順番に並べる。これが1-4ラウンドそれぞれの切り札スートとなる。



んで、一人12枚ずつカードを配ってマストフォローのトリテをやる。切り札はさっき並べたカード色で、1人3トリックしか取れない。もし3トリックに達していない人が1人になったら、残りのカードが全てその人に行くので注意だ。



全てのトリックが終わったら一ラウンド終了。得点は獲得したカードに描かれている足あとの数×足あとが描かれているカードの色数 で算出する。つまり倍率は最大で4倍。

手札は獲得カードそのままなので、すぐさま次のラウンド開始。そして最終の第四ラウンドだけはいくらトリックを獲得してもOK!

得点方式も違い、青カード=1点 黄色カード=2点 緑カード=3点 赤カード=4点で計算する。もちろん得点合計が多い人が勝ち!

------------------------------------------------------


最後のラウンドにガッツリ勝つために、どんな戦略を取るか?途中までの得点も意外と大きいのですが、基本的には最終ラウンドが重要なゲームです。

もちろん4ラウンド目の切り札を大量にガメていれば次々と勝てるのですが、これがなかなか思い通りにならない・・・

トリック自体はふつーのマストフォローなので、そんなに難しいゲームじゃないです。足跡をじっくり追って一気に仕留める・・・ゲーム性でテーマをよく再現してるトリックテイクです。


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /