対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

キャメルアップ

ラクダたちの大レース!スピード感はあんまりないけれど、【らくだ】だからゆるしてね!

さて、8人でもできるのでこのゲームやってみましょう!え?らくだが5頭しかいないよって!?それでいいんだよ。だって自分が走るんじゃなくて賭けるんだもの。




---キャメルアップ---

ルールを覚えるのに必要な時間:15分
1ゲームの時間:30-40分
評価:☆☆☆☆☆ (☆5で満点)



宝石の煌めきも良かったけれど、キャメルアップを遊ばせてもらったらコンポーネントの良さ、対応人数の広さからこれが2014年のSDJだ!と確信。そしたら見事予想があたった。

日本語版も出て、実売4,000円弱と超優秀なゲームに。早速日本語版を購入し、所有ゲームがまた増えましたとさ。



さて、このゲームは5頭のらくだの順番を予想する。どうやってらくだが進むのかというと、まあ予想通りさいころで進むのだが・・・。



どのらくだが進むのかランダムにするため、このゲームにはスーパーサイコロ振りマシーンであるところのピラミッドが付いている。このピラミッドにサイコロを入れ、逆さにするとランダムで5色のサイコロのうち1つが出てくるというわけだ。



準備段階で各色のサイコロを1つずつ振り、らくだの初期位置を決める。その後3金と予想用のカード、オアシスタイルを受け取り、ゲームスタート!

見ての通り、らくだは同じマスに止まると上に乗る。そして下のらくだが進むときは一緒に上のらくだも動く。これがレース結果をわかりづらくするのだ。

手番にできることは4種類



・サイコロを振る。この結果他のプレイヤーの予想が楽になるため、振ると1金がもらえる。



・オアシスタイルをコースに置く。タイルはオモテウラで効果が違い、表は踏んだらくだが1マス前に進む。裏は1マス戻る。また、自分のタイルが踏まれると一回につき1金もらえる。

戻るときに、移動先にらくだがいる場合「下に潜り込む」ので注意だ!大波乱が起きるぞ。



・レグの結果予想タイルを取る。レグとは5つのサイコロが一回ずつ振られるまでの一区切りを指す言葉。まあ1ラウンドだ。このラウンドごとに、一位のらくだを予想してそのタイルを取る。

予想タイルは各らくだ3枚ずつあるが、最初に取ったタイルで予想を当てると5金。2枚めは3金、3枚めは2金と、どんどん賞金が下がる。順位が予想しづらい段階で、早めに取るとハイリスクハイリターンというわけだ。ちなみに予想したらくだが2位になっても1金はもらえる。



・レースの最終結果を予想する。手元のカードを指定の場所に伏せておき、一位と最下位のらくだを当てる。この時も早めに置いたほうがもらえる金額が多い。



※レグの予想と、最終結果予想は外れると-1金なので気をつけよう。

こうしてレグを繰り返していき、どれか1頭のらくだがゴールラインを越えたら即座にゲーム終了。最終結果のカードをめくって最終決算。一番所持金額の多い人の勝ち!

----------------------------------------------


見た目に楽しいコンポーネント、対応人数の幅広さ、運要素が比較的大きくファミリー向けと、納得の年間ゲーム大賞です。

8人まで遊べますが、最大人数で遊ぶと運要素が強くなりすぎるので、まあ4-5人ぐらいが適正人数かな。

日本語版で価格が安くなったので、最初のゲームにもおすすめ。カタンよりルールも少なく簡単ですよ。

キャメルアップ 日本語版

キャメルアップ 日本語版
価格:4,320円(税込、送料別)


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /