対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

クレイジータイム

スラップジャック、ハリガリ、ジャングルスピード、スピードカップス等等、条件がそろったらいち早くカードを叩く(ベルを鳴らす)というゲームは数多くあります。

クレイジータイムはその中でもかなりの高難易度ですよ!


---クレイジータイム---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:30分
評価:☆☆☆☆☆



バネストが仕入れている、Korea BoardGamesの作品。



前は細長い箱(世界の七不思議デュエルみたいなサイズ)で販売されていましたが、版が変わって正方形箱になりました。



紙にエンボスがかかっていない箱で、かなりぴったり蓋が閉まるので開けづらい。

ややこしさを楽しむゲームなのですが、やることは簡単。各自にカードをくばり、個々の山札を作ります。(人数によって違う)

手番がきたらカードを一枚めくって場に出すだけ、この時、手前から奥に向かってめくります。(相手に先に見せるめくり方。ハリガリ方式。)



めくるとともに、スタートプレイヤーは 「1時」次の人は「2時」と一時間刻みで宣言していきます。このとき、カードに書かれている時刻と違っていてもOK。また、12時までいったら「1時」に戻ります。



ただし!タイムマシンのカードが出てきたら、時間が逆転します。「1時」→「12時」→「11時」・・・

もう一つ。宣言した時刻と、カードの時刻が一致したら、真ん中に置かれたカードを叩きます。



カードを叩くのが一番遅かったり、時刻の宣言違いを他の人に指摘されたら、場に出ているカードから5枚をとり、自分の山札の下に入れます。

さらに!上記二つの条件が重なったら(タイムマシンのカードで、宣言と時刻が一致していたら)「時の過負荷」が起こって、何も起きないのです!時間も逆転しないし、真ん中のカードをたたいてはいけません。

これらの条件を間違ってしまったプレイヤーがいたら「テンポラルフロー!」と宣言して間違いを指摘します。間違ったプレイヤーは場から5枚までのカードを受け取ります。

自分の山札を出し切ったら勝利!と言いたいところですが・・・

-------------------



このゲームは全4ラウンドで、ラウンド毎にややこしいルールが増えるのです。条件カードをランダムにめくり、決定されます。 「1時のカードがでたら〇時30分と宣言しろ」「砂時計の絵がでたら3時間巻き戻せ」等々・・・・

どんどんややこしくなるし、条件が重なったら「時の過負荷」でなにも起きません。ほんとにわけが分からなくなります。

勝者は4ラウンド目に勝った人!問答無用で勝利です!



ちなみに、前ラウンドの勝者が指名した一人が、追加ルールを知ることができない、そしてゲーム中にルールを言い当てられたら自分のカードを5枚捨てられるというルールがあるのですが、ちょっと蛇足かな?と思います。別に採用しなくても十分面白いです。

-------------------

反射神経 + 判断力。 クレイジーな難易度のパーティーゲームですよ!ぜひお試しあれ。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /