対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

インジーニアス(頭脳絶好調)

おお!ここにタイルを置けば大量得点じゃん。俺って天才?



---インジーニアス---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:30分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



非常にアブストラクトっぽい見た目のくにちーゲーム。運の良いことにドイツ語版を非常に安く入手できたので、何度かプレイしてみた。



ルールは非常に簡単で、6枚の手札(タイル)から一枚をボードに配置するだけ。タイルには6種類の絵柄が印されており、配置したタイルと同じ絵柄が各方向につながっている分だけ、点数が入る。ただし置いたタイル自体は得点に含めない。



得点はタイルがつながっている方向以外の5方向を対象にする。これだったら3点



これだったら7点が入る。

配置したら、袋からタイルを補充して6枚に戻す。

なお、最初の1手は各プレイヤーがそれぞれ、ボードに予め印刷されたシンボルに隣接してタイルを置かなくてはいけない。次の手番からは、好きなように置ける。

人数によってボードの使用エリアが変わるが、もう置けなくなったらゲーム終了だ。



得点計算は、このクリベッジボードみたいなやつで行う。6つのシンボルそれぞれについて得点管理できるようになっているが・・・・

自分の得点は、「点数が最も低いシンボル」について数える。なのでこれだとたったの1点だ。

つまり、高得点を得るためにはすべてを満遍なく得点していかなくてはいけない。



ルールはほぼこれだけ。特別なルール(救済処置)として、

※何かのシンボルの得点がMAXの18点に到達したら、「俺って天才?」と宣言して連続手番ができる

※もっとも点数が低いシンボルのタイルが手札になかったら、タイル補充後に手札の総入れ替えができる

というものがある。

--------------------



他のレビューサイトでも見受けられる感想ですが、アブストラクトではないのでうんうん悩むゲーム展開ではありません。タイルの引き運も結構あるし。

プレイ感はお手軽なファミリーゲームそのもので、タイルの配置方法で多少相手の邪魔ができるくらいです。

手軽に楽しみたいならインジーニアス、脳から湯気を出したいなら「フォルム・ロマヌム」をどうぞww

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /