対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

ウントチュース!

お先に失礼するときは、こっそり帰らないで大きな声で言いましょう!ウントチュース!(ほな、さいなら!)



---ウントチュース!---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:20分
評価:☆☆ (☆5で満点)



借金重ゲ神(ゴッド)ことマーティン・ワレスの初商業作品。4-6人対応なので4人集めないといけないのがネックだが、とても軽いカードゲームなのでワレス会の息抜きに、通常のゲーム会にと活躍の場は広い。萬印堂小箱サイズなので小さいしね。普通のオープン会や平日ゲーム会だと蒸気の時代は立てづらいもんなぁ。いや、もちろん会の雰囲気によるけど・・・。



テンデイズゲームズが日本語版を出してくれているので、とても手に入りやすい。中身は全てカードで、1-15のプラスカードと「-5」「-10」のマイナスカードがある。このカードが手札であり得点カードなので、プレイアビリティは高い。全て一緒にシャッフルしてOK。



よく混ぜたらプレイ人数に応じて手札を配る。残りは山札にして上からプレイ人数-1枚をオープン。手札を使ってこの得点カードを取り合うのだ。

手番はなく、全員同時出しのシステム。一番数字の小さいカードを出した人が、場に出ている最も低い得点のカードを取っていく。そしてラウンドからは抜ける。もちろんマイナスカードでも引き取る。



残った人は次の1枚を出す。2枚のカードを合計して一番数字の低い人が、場の一番小さいカードを取る。これを繰り返して、最後の二人になったら決戦。1枚を出してカードの合計数が「一番大きい」人が残ったカードを引き取る。二番手になった人は何ももらえないのだ。



ラウンドが終了したら各自、使った分だけ手札を補充。この時、最初に得点をもらって抜けた人だけは「使った1枚に加えて、好きな枚数を捨て札に出来る」 あまりにも手札が悪かったら、最初に抜けてこの入れ替えに賭けよう。

山札がなくなるまでラウンドを繰り返し、山札が切れたら最終ラウンド。得点を合計して一番多い人が勝ち!

----------------
2番めになったひとが何も貰えない、というウィットが効いていて、盛り上がりどころがわかりやすいゲームです。

軽い分、手札運が大きいのでそれほど深い戦略が有るわけではありませんが・・・。インフェルノやノイみたいな立ち位置のゲームです。でもワレス。ワレスコレクターなら是非。

手札の偏りで、1人が突っ走るゲーム展開になったり、いい勝負になったりするのでゲームバランスガーと思ったら何度かやってみてくださいね。 対応人数がネックになり☆2。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /