対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

ボードゲームで子育て-「ボ育て!」購入しました

名古屋ファミリーゲームフェスティバルにて発売された、「ボ育て」創刊号を購入しました!


内容は36Pフルカラーで、イベント頒布価格500円。(まとめ買い割引適用)



内容は、キッズゲームのクロスレビューに、ゲームについて子供たちに聞いたインタビュー

それから、編纂にかかわった方々のコラムと、見た目に反して濃い内容に仕上がっています。


ボードゲームをたくさん遊ばれている「お父さん」にとっては、この本が無くてもゲームの選定はできるので、そういう人に向けた本ではなく


「すごろくや」さんや「ゆかいなさかな」さんに立ち寄った、まだボードゲームを遊んだことのない親子連れ

そんな人の道標となる、とても良い企画だと思います。

※ボードゲーム慣れしたお父さんが、奥さんに読ませて布教するという使い方もありますよ!


創刊号となっているので、もし次がでるなら一つのゲーム、特にKDJ大賞の作品を掘り下げて欲しいですね。

魔法のラビリンスやお化け屋敷の宝石ハンターなど、子供ゲーム大賞の作品は元の値段が高く、日本語版が出ないので6000円越えもちらほら

子供のおもちゃの相場を考えると、そうそう買えないですよね。

もちろん輸入量、流通量が原因なんでしょうが、コンポーネントの豪華さや大人も楽しめることを推しつつ、KDJ(SDJ作品も)作品を詳細に紹介できると、「子供へのプレゼント」の選択肢に加わるかも?

そしてキッズゲーム大賞作品はレビューが少ないので、私が詳しく知りたい!

私の周りにも、まだまだ「ボードゲームって人生ゲームみたいなやつ?」という、これから未知の世界を知ってもらえそうな親子がいるので、この本を布教に活用したいと思います。



拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /