対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

[ショートレビュー]大家はつらいよ

3人ゲーム会でプレイしたフリーゼの旧作リメイク「大家はつらいよ」です。対応人数は2~6人となっていますが、5人以上だとゲームにならないのではないでしょうか?



---フリードマン・フリーゼの大家はつらいよ---

ルールを覚えるのに必要な時間:20分
1ゲームの時間:40~60分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



ゲームはすべてカードのプレイだけで進行します。カードにはアクションカード・住人カード・屋根カードがある。

また、屋根カード以外のすべてのカードは、裏側が「アパートのフロア」となっており、オモテウラで役割が異なっている。

ゲーム中の1手番は

・建設
・アクションカードの使用
・収入

で進み、まずは住人を入居させるアパートを建設する。手札のなかから、「別にアクションカードとして使わなくてもいいか」と思えるカードを裏返し、アパートのフロアとしてしまうのだ。

このとき、5階建てまでのアパートを建てられるが、住人には高い建物に住めない、足腰が萎えてる奴らがいるのでそのへんは考えよう。

最後に屋根カードを載せるとアパートの完成。一軒目は無料、2軒め以降は1金、2金・・・とコストが掛かる。

-------------------------


アクションカードはいくらでも使うことができる。住人を入居させたり(人のアパートにも送り込んでOK!)相手のアパートの住人を抹殺したり(ww) アパートごと爆破したりできる!

この時、自分のアパートの住人の中に、警察に通報する奴がいたりするので気をつけよう。逮捕されると家賃収入がなくなるぞ。

-------------------------
アクションを使いたいだけ使ったら、自分のアパートの収入を計算し、お金を得る。

新しいカードのドローにはお金を払う必要がある。5枚までは1金、それ以降は2金だ。

最後にお金を一番持っていた人の勝利なので、ドローのしすぎは禁物。まあいっぱいカード引けば強いのだが。

------------------------------------------------------
直接攻撃要素が強くて、「昔のゲームだなぁ」という感想。

今のゲームに慣れていると、「こんなに相手を殴っていいのか!?」とちょっとためらってしまう。相手のアパート一件をまるごと爆破とか、オープン会で初対面の人に使っていいのか・・・。

ただゲーム内容が派手でめちゃくちゃなので、そこに面白さを見いだせるのも確か。仲の良い友人同士なら☆+1でしょう。

※カードだけでなく、お金チップがついてるのでちょっと嬉しい。額面も1・5・10・50とあるので他のゲームにも応用できる。

拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /