対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

アラカルト



皆で並んでいろんな料理をつくろう!お?あっちの料理はコショウが足りないんじゃないかな。それ、パッパッパと。そっちはもうすぐ料理が出来そうだ。見てない間に鍋を交換だ!



-----アラカルト(新版)-----

ルールを覚えるのに必要な時間:10分
1ゲームの時間:30-45分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)

そういえばずっとレビューしてなかったアラカルト。昨日久しぶりにプレイしたので感想をば。



これは旧アラカルトがあまりにも品薄で手に入らないのを見かねた「モスキート・シュピーレ」が出してくれた新アラカルト。コンポーネントがめちゃくちゃ豪華になってますが、ルールが変わっています。どうも旧版の方がルールに毒があって大人向けらしい。



新板のルールでしかプレイしていないのでそちらで解説。まずは全員が「鍋」「コンロ」「できた料理を載せる皿」を受けとります。

もうね、この鍋とかコンロとか、ミニチュア感がたまらん。



手番では料理タイルを受け取り、鍋の中に入れます。1手番では3アクションが行えるので、この料理タイルを多く完成させていくのです。



タイルには必要な調味料、火力、こげてしまう火力、得点が書いてあります。

手番では

・火力をあげる(サイコロをふる)
・調味料を振る

の2種類のアクションから選び、計3アクションを行います。



サイコロを振った場合、自分のコンロの火力を数字にしたがって上げます。下げることは(ほぼ)できません。



単純に数字がでたらその数だけコンロのつまみを上昇させますが、



1-3の間で上昇値を選べる目



全員の火力が1上がる目(これによって助かったり、こげたりすることも)



「コーヒーブレイク」の目があります。これは後述。



調味料を振るばあい、1アクションで1種類だけ選び、振ります。もうね、これがすごく面白い。絶対笑いがおきるので、このゲームのメインアクションはこれ。



調味料の瓶を、鍋のうえで「1回だけ」逆さまにします。瓶のなかには調味料と、おじゃまキャラの「塩」が入っているので、逆さまにする前に振るのはあり。

でもこれが全然思い通りに出ないのよ。だばーっと一気に5-6個出るときもあれば、一個も出ない時もある。全く予測不能で、瓶の形と中の調味料の形がよく考えられているんだと思う。

こうして料理が完成したら、めでたく自分の完成品としてお皿に置き、得点となります。(一手番内で完成させなくても、次の手番に持ち越せる)



なお、こげたり、同じ種類の調味料が3つ以上入ったら失敗でゴミ箱行き。むしろ失敗のほうが多い。



完成するか、ゴミ箱行きになったら新しい料理タイルを選ぶのですが、すでに完成させた色の料理タイルは再び選ぶことができません。



なお、火力が適正で、調味料の数もレシピ通りきっちり仕上げたら、この星タイルがもらえます。3枚集めると勝利。

さて、さっき後回しにした「コーヒーブレイク」ですが、この目がでたらコーヒーカップタイルを一枚引きます。



これはアクション数を消費することなくいつでも使え、相手の鍋に調味料を振ったり、鍋ごと交換したり、もう3アクション追加で行えたりと笑いが起きる元となっている。

まああまり多くは手にはいらないので、ちょっとしたアクセントって感じ。ちなみに火力を下げることはこのコーヒーブレイクでしかできない。



最後に特殊料理の「ホットケーキ」これは調味料を振ることなく、火力をちょっと上げるだけで完成させられる料理なのですが・・・

これにチャレンジする場合、次の手順を踏まなくてはならないのです。


・タイルをとって鍋に入れる。この手番はこれで終わり。

・次の手番で、一回サイコロをふり火力を上げます。



・残り2アクションで、「鍋を振って」「パンケーキをひっくり返したら」完成!

鍋が小さいので難しい!あと酔っぱらってたらまずできない。料理を途中で辞めることができないので、一度選んだら焦がしてゴミ箱入りになるか、完成させるまで延々ひっくり返すアクションにチャレンジすることになります。

こうして

・5つ料理を完成させる
・星タイルを3つあつめる
・料理タイルが尽きる

のいずれかの条件を満たしたらゲーム終了。勝利点を計算します。

-----------------------------------------------------------------------------------------
正直、戦略も何もなくて調味料で大笑いし、ホットケーキで大笑いするゲームなのですが、コンポーネントが豪華なのでかなり楽しめます。

ま、2-3回やったら大人は飽きてしまうと思うので、いろんな人に遊ばせるのがいいかも。値段が結構高いので、価値を見出だせるか否かは人それぞれです。

拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /