忍者ブログ

対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

髑髏と薔薇



髑髏と薔薇

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:5~10分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



自作した20枚のタイルを使って、栃木の友人たちと5人プレイ。ヘビーゲームをプレイしたあとの小休止。



ドクロ:1 バラ:3 計4枚の手札を各人が持つ。相手に見られないように。



そして、一枚を選んで場に裏向きに出す。カタンのボードが敷かれているのは片付けるのがめんどくさかったからだ。気にしない。

次にスタートプレイヤーを選び、順番に

a) 手札から一枚を場に追加
b) 場に出ているカードの中で、バラを何枚引き当てることができるか宣言する

この2つのうちどちらかを選んでおこなう。 誰かが 「3枚!」とか宣言したら

「4枚!」
「5枚!」
「全部めくる!」

とまわりの人が枚数を吊り上げることができる。一番多い枚数を宣言した人が「チャレンジ」を行い、バラを宣言枚数分めくれたら

「チャレンジ成功!」

2回チャレンジ成功したら勝利だ。



途中でドクロをめくってしまったら、ランダムに一枚を捨て札にしなくてはならない。少ない手札で戦うことを余儀なくされ、非常に苦しい。

とくに上の写真みたいに、ドクロを捨てられてしまったらブラフをうまく使って戦うのだ。

チャレンジの時には決まり事があり、

1) 必ず自分の出したカードを全部めくってから、他の人のカードをめくり始める
2) 複数枚出している人のカードをめくるときには、上から順番にめくる。

ドクロを出しておいて、競り落とす気も無いのに「4枚!」と数字を吊り上げることはできるが、失敗すると自分のドクロをめくってドボン。これは非常に面白いルールだと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
重量級のゲームのあとでみんな疲れていたからか、いまいち盛り上がらなかったかな?

まあそれでも 「全部めくるぜ!」宣言の後にチャレンジ成功したら拍手喝采だったんだけど。
製品版の豪華なコンポーネントで遊ぶとまた気分が違って、 ☆を追加するかもしれん。

お手軽なブラフゲームなのは間違いない。売り切れている店が多いので、もし手間を惜しまなかったら自作してみるといいかもね。人数×4枚のタイルと、得点チップを用意すればOK。 というかトランプでも代用できるな。

髑髏と薔薇:赤箱

髑髏と薔薇:赤箱
価格:2,730円(税込、送料別)


拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]