対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

チケットトゥライド拡張 ヨーロッパ1912



チケットトゥライド拡張 ヨーロッパ1912

ルールを覚えるのに必要な時間:20分
1ゲームの時間:45-60分
評価:☆☆☆☆☆ (☆5で満点)



チケライ:ヨーロッパ版最大の不満点「長距離チケットが6種類しかない」を解消してくれる拡張パックです。



長距離路線カードが12枚、


短距離路線カードが59枚に増えるほか、



30枚の「大都市乗車券」が入っており、これだけで遊ぶルールもあります。(ビッグシティヴァリアント)

ビッグシティルールで遊ぶと、同じ都市に路線が集中することが有るため、ルート争いが熾烈になる印象です。



ビッグシティチケットは中距離が中心で、新鮮なプレイ感。

また、カードだけではなく木製コマとボードが入っており、追加ルール「車庫」が遊べる。



列車カードを引くときに追加で一枚引き、自分の色の車庫ボードの下に入れておくというもの。予めメインボードの都市上に車庫コマを配置しておき、その都市に路線をつなげた人がその色の車庫から列車カードをごっそり貰える。

列車カードを引くとき追加で引くのを忘れがちなのと、山札のシャッフル頻度が上がるため遊んだことはない。カードだけだと拡張セットの値段をあげられないので、帳尻合わせとして木製コマを入れたようにも思える。他のレビューサイトでもあんまり評判の良くないルール。

追加の目的地チケットだけでも十分に買う価値あり。チケットトゥライドが更に面白くなります。

-------------------------------------------------------------------------

カードは追加でなく、基本セットと完全に差し替え。なので基本セットのカードを汚してしまった時にも使える。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /