対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

MOW(モウ)



のろまな牛をもらってしまうのはだあれ?
え?聞いたこと有るゲームに似ている?じゃあ牛じゃなくてたかっているハエの数で勝負だ!


MOW(モウ)ポケット・バージョン

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:30分
評価:☆☆ (☆5で満点)



え?ニムトシリーズ?

と誰もが思ってしまうMOW。まあルールが似ていると言えなくも無いんだけど、作者はブルーノ・カタラ。ニムトを作ったのはクラマーなので、全然違う作者だ。



まず、手札を5枚ずつ配る。 数字は0~16



んで、スタートプレイヤーが適当に一枚場に出す。山札からカードを一枚引くので、手札は常に五枚。



右側には最初のカードより大きい数字しか置けない。



左側には小さい数字しか置けない。順番に並べなくても良い。ニムトのヴァリアントルールに似ている。



自分がカードを出せなかったり、出せるけど温存していたい時は場の全てを引き取る。カードにはハエのたかっているものがあり、ハエの数すなわちマイナス点。



ニムトと違い、特殊カードがある。7と9に重ねて出せる曲芸牛、数字が連続していない場合に、間に割り込める牛がいる。

その他、最大と最小の数字である0と16にも5匹のハエがたかっており、これも特殊カード扱い。



また、特殊カードを出すと順番を逆転させることができる。ウノにそんなカードあったなぁ。

--------------------------------------------------------------------------------------

うーん。子供を交えてワイワイやるならいいけど、大人同士だとちょっとなぁ。イラストはかわいいけど。

ニムトは全員が一斉にカードを出すことで、オープン時にわっと盛り上がり、その上予想だにしないことが起きるのだが。

「MOW」では淡々とゲームが進んでしまう。「着地点」の予想がついてしまうのだ。

3人プレイでやって、妻と義母をこてんぱんに負かしたのだが、「ま。こんなもんか」という印象。勝ったのに冷静になってしまった。

安いので手を出しやすいし、ルールが簡単なので導入に持って来いだが、これをプレイするより先にニムトをプレイしてほしい。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /