対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

キャプテン・リノ

天まで届く摩天楼。大変だ!最上階で火事が! そこにさっそうと現れたのは◯パイダーマン・・・ ではなくマントを羽織ったサイである。彼こそがキャプテン・リノ。どんなヒーローにも駆け出しの時期は有るのだ。



---キャプテン・リノ---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:5-15分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)


子供が最初に出来るようになるゲームは、「何かを積む」ゲームだと思う。このキャプテン・リノはコンポーネントがほとんどカードで、積み木より耐久性は落ちるのだが、まあそのうち息子も出来るだろうと思って買ってきた。

ルールはカードを高く積むUNO。 タイトルがウノのパロディになっているのだろうか?最初5枚配られる手札を全てなくしたら勝ち。



手札は屋根カードで、どういう形に壁を置いたらいいかが書いてある。自分の手札を置く前に、前の人の置いた屋根に壁を置き、その上に自分のカードを載せる。これでカードを1枚出したことになる。

屋根カードにはほとんど特殊効果があり、次の人を一回休みにするカード、手番順を逆にするカード、二枚いっぺんに屋根を出せるカード、

そして次の手番の人が木製のキャプテン・リノを屋根の上に載せるカード等がある。



誰かが屋根カードを使い切るか、崩してしまったら手札が一番少ない人が勝ち。

--------------------------
バランスゲームというのはコンポーネントが豪華なので値段が高くなりがちですが、これは折り曲げたカードを使うという盲点を突くことにより、低価格を実現しています。オススメ。

かなり分厚いとはいっても紙のカードなので、すごく小さいお子さんには不向きですが・・・年長さんぐらいになればOKでしょう。

子供向けゲームなのですが、一番下の壁カードを1枚にするという上級ルールがあり、こちらで遊ぶと大人も結構楽しめます。2人でも面白さは変わりません。



HABAなので木製のリノ駒が入っており、これを移動させるというのが良いアクセントになっています。

キャプテン・リノ

キャプテン・リノ
価格:1,728円(税込、送料別)


拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /