対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

砂漠を越えて

古来、ラクダは「砂漠の船」と呼ばれ、砂漠を移動するのに欠かせない手段となってきました。

渇きに強く、背中に乗ることができ、いざとなったら食糧にもなる・・・

今は機械に移動手段を明け渡しましたが、それでもおなじみの動物なのです。




---砂漠を越えて---

ルールを覚えるのに必要な時間:10分
1ゲームの時間:20-40分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



クニツィアがかつてコスモスから発売した多人数アブストラクト。その後FFG(Fantasy Flight Games)版が製作され、日本語版はこのFFG版がもとになっている。

日本語版が発売されたのも数年前だが、なぜか品切れせずにずっと流通している。再版している様子もないので、多分あまり売れてないのだろう。地味なゲームだからなぁ。不憫だ。

というわけで今でも手に入りやすく、安く手に入る砂漠を越えて。ゲーム内容はというと・・・

-----------



ボードを広げると一面の砂漠にヘクスが書いてある。よく見ると途中太線で区切られているところがあるが、ここは2-3人プレイと4-5人プレイの境界線だ。当然多人数だと広い方を使う。



まずやしの木をマークのあるヘクスに立てる。ヤシの木は5つしかないので、マークの数ぶん立てられない。なので適当に選択して建てる。

それから、「井戸」タイルをドットのあるヘクスに適当に置く。あと、さっきヤシの木を立てられなかったところにも置いておく。

----------


各プレイヤーは自分の色の部族を決め、



駒を受け取ったら5色の「らくだ」に一つずつ載せる(ライダー駒と呼ぶ)。うまくかみ合うようになっていて、コンポーネントの凝りようにちょっと感動。

※部族がひとつ余るので、これは茶色のラクダに載せておく。ゲームには使用しない駒で、単に自分の担当色を表示しておくだけの物だ。

この駒を使って、ボードの陣取りをしていくゲームだ。

---------



そしたら順番に、ライダー駒をボードに配置していく。この時制限があって

・やしの木に隣接して置けない。

・他のライダー駒に隣接するのもだめ

・井戸の上にも置けない

ので注意。



陣取りのアブストラクトなので、この配置が非常に重要。といっても最初は感覚がつかめないので、ある程度ばらして置いとけばいいと思う。

----------



ライダー駒を設置し終わったら、人が乗っていない「ノーマル駒」を設置していく。

全部で5色あるが、誰の色というわけではなく、どれでも配置できる。たぶんゲーム性を意識してパステルカラーになっているのだが、視認性がとても悪いのが残念。

手番には2つ、駒を配置できる。自分の同色駒につなげなくてはいけないが、違う色を1個ずつでも、同色を2個配置してもOK。

・この時、「井戸」の上に配置するとそのチップがもらえる。1-3点



・また、ヤシの木の周囲に配置すると5点チップがもらえる。一つのキャラバンが一つのヤシからもらえるのは一回のみ。



細かいルールだが、井戸チップは非公開情報で、やしの木チップは公開情報だ。



このノーマル駒を配置する際に、他のプレイヤーの同色キャラバンと、自分のキャラバンをつなげるようにおいてはいけない。どっちのキャラバンか分からなくなってしまうからだ。

--------------

これだけだと全然面白くないので、更に得点要素がある。



自分のキャラバンを使って、「囲い込み」を行うと、囲い込んだヘクスの数だけ点数が発生するのだ。

こんな風に1色のキャラバンで、誰も中に入っていないエリアを作る。この時、中に井戸タイルやヤシの木があったら囲い込んだ時点でチップがもらえる。



ゲーム終了条件は「どれか1色の駒が枯渇した時点」なので、色切れを起こさないようにうまく囲い込もう!

------------


最終得点計算として、各色の駒ごとに一番大きいキャラバンを作ったプレイヤーに10点。同着だった場合は5点ずつ分け合う。

-------------------



一切運の要素がないのですが、とりあえず目先の得点「井戸」「ヤシの木」があるので、先を読んでうんうんうなるゲームかというとそうでもないです。もちろん囲い込むのは大局的な考えが必要なのかもしれませんが。サクサク打てるので、プレイ時間は2人プレイで20分、4人プレイで40分くらいです。

多人数でやるといろんな色が入り乱れ、相手の前回の打ち方で「あ、あそこを伸ばさないとヤシにたどり着けない」とか、やるべきことが自然にわかると思います。

立体のコマや着脱式のライダーが目を引きますが、ゲーム内容がいかんせん地味なので不憫ですね。アブストラクトがよほど嫌いな人以外は楽しめるゲームだと思います。2人よりは3人以上推奨。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /