忍者ブログ

対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

チケットトゥライド ヨーロッパ



20世紀初頭・・・

鉄道は世界中に張り巡らされ、人々の交通手段として重要な役割を果たしていた。
そんなある日、アメリカで鉄道レースが行われたというニュースがヨーロッパ全土を駆け巡る。

内容は、限られた期間内に鉄道で多くの場所を訪れた者の勝ち、というもの。それならヨーロッパでも開催しよう!という声が当然沸き起こった。

1912年、欧州全土を駆け巡る鉄道レースが始まる!




チケットトゥライド ヨーロッパ

ルールを覚えるのに必要な時間:20分
1ゲームの時間:45-60分
評価:☆☆☆☆☆ (☆5で満点)

カタン・カルカソンヌ・チケットトゥライド。誰が呼んだかファミリーゲーム御三家。
特にこのヨーロッパ版は、ゲームバランスに優れているということなので3人でプレイ。



非常に美しいボードとカードで、線路を敷いていくのがとても楽しい。これでコマが木製だったらほんとにいうこと無いのに。せめて駅舎コマぐらいの質感なら・・・。



はじめに、チケットを4枚渡される。チケットは長距離1枚と短距離3枚。目的はこのチケットに書かれている都市間を、自分の路線でつなげること。繋げられたら書いてある数字が点数となるが、失敗した場合はそのままマイナス点となる。

ゲーム開始前に全員でチケットを確認し、無理と感じたチケットは山札に戻して良い。ただ最低2枚は必ず持つ。ゲーム途中で目的地を全部達成してしまったら、新たなチケットを引くこともできる。



また、都市間の線路それ自体も得点になる。1マスなら1点、2マスなら2点、3マスは4点 4マスは7点・・・最高8マスの区間まで有る。



線路を引くには「列車カード」を使う。最初は3枚ずつを手札として持ち、手番には

1) 通常の列車カードを2枚引く。場には常に5枚オープンになっているので、そこから引いてもいいし、欲しいのがなかったら山札から引いてもいい。場から一枚、山札から一枚、ということもできる。

2) 場に機関車カード(ワイルドカード)がある場合は、それを引いても良い。この場合は一枚しか引けない。

3) 線路を引く。色の付いている路線はマス目の数だけ同色のカードを出す。灰色の路線は何色でもいいのでマス目の数だけ同色のカードを出す。 中途半端に引くのはダメで、都市間は必ず一手で路線を埋める。


都市間の線路は単線と複線があり、特に単線の区間は線路の奪い合いが熱い。3人プレイな上に駅舎のルール不採用でやったのでガチゲーになる。

※駅舎ルール ヨーロッパ版のルールで、都市の上に自分の色の駅舎を建設できる。すると、その都市から伸びている他の人の路線を、自分の路線とみなせるのだ。

煩雑になる上に、ヌルゲーになるので今回は不採用。



路線には特別なもの「フェリー」



「トンネル」があり・・・

フェリーの場合は、ボードに書かれている機関車の数を、線路を引く際にカードに含める。

トンネルの場合は、線路を引く際に山札の上から3枚を公開し、もしその中に自分が引こうとしている色と同じ色があれば、追加でその色の列車カードを出さなくてはいけない。機関車カードはワイルドカードなので、やはりカードを追加で出す。

たまに2枚機関車カードが含まれていたりして泣ける。

列車コマは各色45個あり、誰かの列車コマが2個以下になったら手番をもう一巡してゲーム終了。

-------------------------------------------------------------------
見た目が非常に綺麗。ルールも簡単で、初めてやるゲームにはカタンよりこちらをオススメします。

駅舎ルールは最初はなしでやってみて、感覚を掴んだら導入してみるといいでしょう。

コマがプラスチックなのと、長距離チケットが6種類しか入っていないのが欠点。追加のカードセット「ヨーロッパ1912」があるので、それを導入するとより面白くなるみたいだが、基本セットと合わせて定価で買うと9,000円を超える。最初からもっとバリエーション豊かにして欲しかった。短距離チケットは充実しているので・・・。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]