対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

ゼロ

大金を掛けた勝負は無言ながらも白熱し、場の全てのプレイヤーが互いに腹を探り合っています。

このラウンドはいつ終わるのか?「コンコン」一回目のノックが聞こえました。緊張感が一気に高まります。もう一回ノックが行われるとラウンド終了なのです・・・!




---ゼロ---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:20分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)



テンデイズゲームズから日本語版が出たクニツィアのカードゲーム。インフェルノと違って、シンプルでソリッドなデザインになっている。あと旧版は正方形の箱だったと思うが、今回はアミーゴ小箱サイズになっている。ただカード構成は1デッキなので、中身の半分は空気だ。

このゲームには7スート、1~8のカードが含まれている。

んで、各プレイヤーに9枚ずつのカードを配り、場に5枚のカードを公開する。あとのカードは使わないので、少人数プレイだとカードがごっそり余る。

手番にできることは、「場のカードと手札を一枚交換する」「パスをする」のどちらか。ちなみにパスをするときはテーブルをコンコンとノックする。なんかブラックジャックのヒットするときみたいでかっこいい。

全体で2回めのノックが行われたら、ノックしたプレイヤー以外の全員がもう一回手番を行ってラウンド終了。

で、交換して何を目指すのかというと、失点を減らすのである。



このゲーム、手札の数字がとにかくマイナス点なので、なるべくマイナスにならないようにする。点数の数え方にはひねりがあって、まず同じ数字は一回しか数えない。

例えば7が複数枚あっても、-7点である。



あと、同色で5枚を揃えられればその5枚は0点。



そして同じ数字が5枚でも0点になる。



ということはどういうことかというと、この組み合わせだと0点になるのだ。全く失点がない。

※同色の5枚のうち、5が5枚揃ってる。9枚で0点!

この「ゼロ」を作った場合は、即座にゲーム終了になるのだ。即効でゼロができたりすると他の人の失点が大きいので、まさに阿鼻叫喚。

----------------------------------------------
ゲーマー同士なら、「失点を減らす」ゲームというよりは、「ノックを早めにして他の人の失点が大きいうちに終わらせる」ゲームになるでしょう。というか、それが本質な気がします。

多人数プレイになるほど、ゼロができやすいので5人プレイだとゼロ!の宣言が頻発します。逆に3人プレイだと「コンコン」で終わることが多い。4人戦が一番バランスがとれているかな?

インフェルノ同様、とても軽いプレイ感なので若干の物足りなさは感じますが、短時間なので活躍の場は多いでしょう。目的もわかりやすいので初めてのゲームにもおすすめ。子供でも簡単に遊べそうです。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /