対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

(ショートレビュー)フィッシュ・ミー

池の中には赤や緑のお魚さん。エサを求めて釣り人の元にやってきます。フィッシュミー!フィッシュミー!

でも今日は年に一度の釣り大会。このラウンドで釣り人は、黄色いお魚しか釣ってはいけないのです。

この狭い池で、うまく目的の魚だけ釣れるでしょうか?




---フィッシュ・ミー---

ルールを覚えるのに必要な時間:3分
1ゲームの時間:5-10分
評価:☆☆☆ (☆5で満点)





とても可愛らしい缶に入った子供ゲーム。同じ缶入りで「キャッチ・ミー(キャッチマウス)」もよく見かけるのだが、あれはまだ息子には早いかと思い、どのようにでも遊べるこれを購入。



まあ子供向けゲームなので、大人が遊んで楽しいものでは無いのだが、釣り竿の先についたちっこい磁石の力が異様に強い。



昔よく見かけたこういう魚釣りゲームは、魚の口の中に鉄が入っていて、それを釣り竿の先についた黒いマグネットで持ち上げた記憶があるが、



フィッシュミーにはネオジム磁石?が使われており、ゲームの缶ごと持ち上げられるような強さなのだ。(しかも中身入りで持ち上げることができる)



ゲームルールとして、「缶にくっつかないように中のお魚を釣り上げる」ので、この強力さがいい感じ。

あ、ちなみにルールは

「サイコロを振って」
「出た色の魚を釣る」
「缶にくっついてしまったら手番終了」
「誰かが6匹釣り上げたら、釣った魚を並べて一番長い列を作った人が勝ち」

と言うもの。単純に釣り上げた数で比べないのは、お魚の大きさが3種類あるからだ。なるべく大物を狙おう。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /