忍者ブログ

対戦相手皆無!ボードゲームレビュー

遊んだアナログゲーム・ドイツゲームについて主に書きます。

クーヴァディス

クオ・ヴァディス?(あなたはどこへ行くのか?) ・・・ええ。ちょっと〇✖をつなごうと思いましてね。



---クーヴァディス---

ルールを覚えるのに必要な時間:5分
1ゲームの時間:10分
評価:☆☆ (☆5で満点)

牛柄の小箱3部作(クー・シリーズ)の中の一つ。クーロラドと中身はほとんど同じだが、ダイスが2つ→5つに増えていてちょっとうれしい。やっぱりダイスゲームはたくさんのダイスを一緒に振ったほうが楽しいですね。



付属しているメモパッドも大体同じような見た目ですが、水飲み場がなく、はじめから〇✖がプリントされているマスがある点で異なっています。

さいころは増えたが、こっちのほうが運の比重が大きくてルールが簡単。



全部のさいころをいっぺんに振り、3つ以上の「同じ数字」か、2つ以上の「牛」が出れば該当するマスに〇か✖がかけます。2人プレイ専用なので、双方〇か✖のどちらかを担当し、

最初からプリントされている〇✖、全てを同じマークでつなげたら勝ち。斜めOK。

ちなみにさいころは3度まで振り直しOK。目を確定させて横に置き、残りを振りなおすのもOKだし、一度確定させたさいころをもう一度振りなおしてもOK。なので出目が振るわず何も書けない、ということはほとんどないです。



斜めにつないでもOKなので、勝負はすぐにつきます。クーロラドより短時間で終わる印象。息抜きにちょっとどうですか。運ゲーですけど・・・

あ、あと4つ以上同じ目を出せたら、連続手番ができるんですよ。でも2回以上は連続せず、連続2回目の手番でマークできるのは、最初にマークした升目に隣接するところだけですよ。忘れがち。

--------------------

終盤になってくると、「6の」マスにチェックできれば勝ちだから6を狙う!

と確実にほしい出目が出てくるのですが、最初はとにかくでた目にチェックしていけばいいのでやや緊張感に欠けます。

めんどくさい得点計算がないし、箱に書いてあるよりもプレイ時間が短いので、隙間時間ゲームとしての立ち位置をわきまえてるのはクーロラドよりこっちかも?という印象ですね。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
seshil
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
楽器演奏・ゲーム・ツーリング

ボードゲームオークション

Copyright ©  -- 対戦相手皆無!ボードゲームレビュー --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]